安心・安全な新鮮しいたけを奈良吉野からお届けします。

椎茸の豆知識

  • HOME »
  • 椎茸の豆知識

icon 椎茸の健康効果   icon 美味しい椎茸は

しいたけの保存方法

reizouko<冷蔵保存>

新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存!

生椎茸を保存する場合は椎茸の軸(足)を上向にして新聞紙またはキッチンペーパーなどに包んでからポリ袋に入れ、密封した状態で冷蔵庫の野菜室で保存するのがベストです。 (直接ラップやポリ袋に入れた状態だと蒸れてしまい、水分が付着したところから傷んできてしまいます。)

 

<冷凍保存>
おすすめ!です。香りが増しておいしくなります。

新鮮なうちに適当な大きさに切ってから冷凍してください。 少しずつ分けて保存しておくと便利です。 ご利用の際は、解凍せずにそのまま調理してください。 生の椎茸と比べると少し水っぽくなりますが、香りが増しておいしくいただけます。鍋ものなど煮込み料理に最適です。

 

しいたけの健康効果

しいたけパワー!食物繊維が豊富で生活習慣病や便秘も解消!免疫力を高め、コレステロールを減らし、血圧は正常に!

椎茸にはレンチナンエリタデニンという成分が多く含まれています。 レンチナンには、抗腫瘍作用があることで知られ、がんの発生・進行を抑えるリンパ細胞を活性化させる作用や、風邪などのウイルス性の病気に対して抵抗力をつける作用があると言われています。 エリタデニンには、血圧や血中コレステロールを下げる作用により、高血圧・高脂血症・肥満を防ぐ効果があります。 また、椎茸に含まれるエルゴステロールという物質は紫外線を受けるとビタミンD2に変化します。ビタミンDには抗がん作用があり、カルシウムやリンの吸収を助ける作用があります。

(乾燥しいたけはビタミンDを多く含んでおり、生しいたけと比べ約9倍のビタミンDを含有しています。)

-しいたけと紫外線-

sigaisenn

時間  ビタミンD 
なし 12.5μg
2分 327.5μg
4分  600.0μg
6分 747.5μg
10分 1270.0μg 
15分 1230.0μg 
(可食部100g当たり・紫外線ランプを最強で照射)

生しいたけを30~60分天日干しにしてから、料理しましょう。 生しいたけも日光に当てることでビタミンDがアップします。 干し方は、カサの裏の方を上にしてザルなどに並べ、日光の当たる風通しの良い所に数十分置いておきます。

乾燥しいたけに含まれているビタミンDは、しばらくするともとに戻ってしまうため、食べる前に天日干しすることが大事です。

おいしい椎茸は?

しいたけは新鮮さが一番!

erabikata

新鮮な椎茸はカサの裏側が白くヒダが崩れていません。カサの端に巻き込みがあり、肉厚の椎茸がおすすめです。 褐色の斑点があるものや弾力のないものは×。

お気軽にお問い合わせください TEL 0747-52-3335 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 大和あゆみ農園 All Rights Reserved.